LIBRA SASASHIMA MEDICAL CLINIC リブラささしまメディカルクリニック

052-485-7298

外来診療について

専門外来担当医師

外来診療について

体調がすぐれない方や二次検診を希望される方、健康予防に取り組みたい方などに幅広く対応しております。
どんなことでも、お気軽にご相談ください。
腎臓内科、糖尿病・内分泌内科、循環器内科、泌尿器科といった専門外来も開設しています。
必要な患者様には、適切な病院のご紹介も積極的に行っております。
英語対応も可能です。

診療科目 診療時間
午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後
内科 午前
9:00~12:00

午後
15:00~18:00
腎臓内科
糖尿病内分泌内科
循環器科内科  
泌尿器科
胃カメラ

※泌尿器科 11月開設(第1、第3月曜日)

診療時間
午前 9:00~12:00 午後 15:00~18:00

内 科

午前
午後

腎臓内科

午前
午後

糖尿病内分泌内科

午前
午後

循環器科内科

午前
午後

泌尿器科

午前
午後

※泌尿器科 11月開設(第1、第3月曜日)

胃カメラ

午前
午後
■診療内容
内科一般・腎臓疾患、高血圧の検査、治療、栄養指導・糖尿病内分泌疾患の検査、治療、栄養指導・循環器疾患・消化器内視鏡検査など
■クイック検診
血液検査(貧血、脂質、肝・腎臓疾患、糖尿病、尿酸炎症反応など)/尿検査(一日尿蛋白量、一日塩分摂取量など)
オプションプラン(各種ホルモン検査、動脈硬化、腫瘍マーカー、骨粗しょう症など) → クイック健診のご案内(事前予約制)
■禁煙外来
→ 禁煙外来のご案内(事前予約制)
■予防接種 ≪事前予約制≫
ワクチンの種類 肺炎球菌ワクチン インフルエンザ 風疹(三日はしか) 麻疹(はしか) 風疹・麻疹混合
料金(税込) 8,000円 3,500円 6,000円 6,000円 10,000円
  • ※予防接種は予約制です。お電話でお問い合わせください。
  • ※18歳未満の方は保護者の同伴が必要です。
■医療機器等
超音波診断装置(心臓、腹部、乳腺)/X線一般撮影装置/80列CT(大腸CT、冠動脈CT 可)/上部消化管内視鏡
血液・尿検査機器(血液・尿・生化・甲状腺・副腎ホルモン等迅速検査可能、その他)

腎臓内科

健康診断で尿たんぱくや尿潜血を指摘された方や、腎臓に何かしらの不具合がある方を対象に診療します。慢性腎臓病(CKD)は重症化すると人工透析が必要となります。透析にいたらなくても、脳卒中や心臓病を発症する危険性が高まります。CKDの主な原因は糖尿病、高血圧、慢性糸球体腎炎などで、これらは早期に発見し、適切に治療すれば克服できます。当院では、生活習慣病予防のお手伝いや健診による変調の早期発見、専門医による的確な治療など、幅広い見地でCKDの予防・診療を行っています。

糖尿病・内分泌内科

対象疾患:糖尿病(1型、2型)、内分泌(尿崩症、下垂体機能低下症、下垂体腫瘍、バセドウ病、橋本病、副腎腫瘍、アルドステロン症、クッシング症候群、加齢性腺機能低下症、電解質異常など)・脂質異常症・骨粗鬆症・肥満症。
近年の治療法の進歩により日本人糖尿病患者全体の血糖コントロールは改善傾向にあり、三大合併症(神経・眼・腎臓)の予防は以前より容易になってきています。しかし、いまだに平均寿命は一般人口と比べ約10年短くなっており、その主たる死因は癌と脳卒中・心筋梗塞です。当院では糖尿病患者さんの健康寿命を延ばすため、循環器内科やドックと連携し、疾病の早期発見・治療を目指します。また、下垂体・甲状腺・副甲状腺・副腎・性腺などの内分泌疾患に対しては、豊富な経験に基づき、負荷試験を含む血液・尿検査とCT・エコーなどの画像診断で、正確な診断と治療に努めます。

→ 糖質制限プログラムの内容はコチラ

循環器内科

高血圧・狭心症・心筋梗塞・心不全・不整脈といった心臓の病気や、動脈瘤・動脈硬化といった血管の疾患を対象に診療します。特に血管系の疾患は、生活習慣病や内分泌異常、腎臓病とも密接に関係するため、腎臓内科や糖尿病・内分泌内科との連携を図りながら、治療と合わせて生活習慣の改善やコントロール・指導を行い、症状に応じて適切な診療を実施します。高度医療が必要と判断した場合には、高度医療を実施する適切な特定機能病院等を紹介しております。

泌尿器科

尿管・膀胱・尿道など、尿の産出から排出に関連する臓器に何らかしらの不具合がある方、精巣・精巣上体・精管・陰嚢・前立腺・精嚢・陰茎など男性生殖器に関係する疾患、女性の骨盤臓器脱などを対象に診療します。また、前立腺がんの診断も行っています。前立腺がんは一般的に進行が遅く、初期であれば十分に根治可能です。早期発見のためには、前立腺特異マーカー(PSA)検査が有効です。50歳以上の方でPSA検査を受けていない方は、簡便な検査ですので受けられることをおすすめします。

CTスキャン

CT検査はエックス線を使用して身体の断面を撮像する検査であり、体内の様々な病変・腫瘍を発見することが可能です。胸部(心臓、肺など)や腹部(肝臓、腎臓など)領域での描出能は特に優れています。CT検査に使用する造撮剤は腎臓に負担をかけるため、腎臓専門医の指導の下で造影剤の使用量をより少なくした検査を心掛けており、腎臓の負担を軽くすることで、より安全な検査での病気の早期発見・早期治療に努めてまいります。また糖尿病の方は動脈硬化の危険性が高く、心臓病に大変注意が必要です。糖尿病の治療を行いながら、循環器専門医と連携した心臓検査にも力を入れております。

→ CTスキャンの詳しい内容はコチラ